nanaたー坊 うつ。そのさきへ

nanaたー坊 うつ。そのさきへ

うつ病を克服するため前向きに生きるアラフォーたー坊の趣味ブログです。

最後の入院ーうつ病との闘いー最終話

f:id:nana-eletec:20180419055702j:plain


                                2018/04/19更新

 

昼過ぎまで寝込んでいました。

このまま自宅にいても体調は変わらなそうだったので、予定より早いけれど妻に車で送ってもらい病棟に戻りました。

 

病棟に帰ってからもベッドで横になっていました。

そして考えるのは、やはり仕事に行けなかったことばかり…

もう少しだけ頑張ったら仕事に行けたのではないのか?

後悔と自己嫌悪…

 そしてネガティブなことばかり考えて、さらに落ち込み、負のスパイラに…

 その日はそのまま眠りました。

 

 月曜日になり主治医との面談。

先生が心配していた最悪の状況になってしまったので、しばらくは仕事は禁止。治療に専念するように言われました。

 

そして、また次の日から、外泊前と変わらない日々が始まりました。

今までと変わらず続くカウンセリングと投薬治療。

毎日、自問自答しながら自分の症状を確認しますが、劇的に良くなる分けではありません。

 

変化の無い毎日。

 

退屈な入院生活。

 

無駄に時間だけが過ぎているように思えて、日ごとに強くなる[焦り]。

 この[焦り]をどうにかしたい。

 

そうだ。

「今週末も外泊しよう。」

 

けれど今回は、仕事には行かず、普通に生活できるか試してみようと思いました。

そして、それができて自信になったら、もう一度、仕事に行ってみようと思いました。

 

主治医の許可が下り、金曜日の午後に自宅へ帰りました。

 

洗濯、洗い物などの家事を終えて、みんなが帰ってくるまで眠りました。

そして晩御飯。

家族で談笑しながら食べること、家族みんなと暮らす幸せを改めて感じました。

 

次の日の朝。

目が覚めると、相変わらずダルさはあるものの、気分的には落ち着いていました。

日中も意欲的とまでは行かないけれど、生活には支障が無い感じでした。

日曜日も普通に過ごすことができ無事に病棟に戻ってきました。

 

この外泊は成功でした。

日常生活が普通に送れたことが自信になり、以前より、気分のベースが上がった感じがしました。

 

「よし。次の週末は仕事に行こう!」

 

これも焦りからでしたが、「次こそは!」という期待もありました。

 

やはり、主治医は渋りましたが、なんとか外泊許可をもらいました。

 

今回の仕事も土曜日と日曜日の予定です。

 

金曜日の夜、次の日のことを考えて早めに就寝しました。

 

土曜日の朝、いつもよりも良く眠れたおかげで、すっきり目が覚めました。

支度を済ませて、いざ出勤。

お気に入りの歌を聴きながら気分を上げて現場に到着。

ブランクがあって作業スピードが遅くなっていて満足できる内容ではなかったものの、なんとか1日働ききりました。

 

帰りの車の中では

「仕事が出来た!やったぁ!」

と前回にはなかった達成感がありました。

 

日曜日の朝、疲れがあったけれど気分良く目覚めることができました。

この日の仕事も問題無く終えることができました。

 

夜になり病棟へ帰る車中では

「今回の外泊は成功だった!」

と、かなり前向きになれたことを妻と話していました。

そして、その時既に、僕の中では退院を考え始めていました。

 

 月曜日になり主治医との面談で

仕事に行けて自信になったこと、気分的にもかなり前向きになれたことを報告しました。

そして

「先生、退院しようと思います。」

と、僕の気持ちを話しました。

すると

「そうですね。仕事に行くことができて、意欲的にもなってきたので退院して外来治療に切り替えましょう。」

と退院することを認めてくれました。

 

そうなると一日でも早く退院したいと思い、二日後に決めました。

 

病棟での最後の夜。

 

いつものように、消灯したデイルームのソファーに座り音楽を聴きながら、入院生活を振り返っていました。

 

訳もなく涙が出て気分が落ち込んでいた入院前。

どうして良いか分からず先生に電話して決めた

 

「最後の入院!」

 

期待していた新しい薬が合わずに落ち込んだ入院初期。

思ったような状態にならず焦り出し、無理やり行って失敗した仕事。

何度か外泊訓練を重ねてつけた自信。

もう一度仕事に行って得た達成感。

 

今日、僕は退院します。

そして、もう二度とこの病棟には帰ってきません。

少しずつ頑張って前向きに生活し

必ず[うつ病]を克服します。

 

主治医の先生をはじめ、看護師、スタッフの皆さんお世話になりました。

 

ありがとうございました。

 

最後の入院ーうつ病との闘いー④