nanaたー坊 うつ。そのさきへ

nanaたー坊 うつ。そのさきへ

うつ病を克服するため前向きに生きるアラフォーたー坊の趣味ブログです。

うつ病でフリーランス

f:id:nana-eletec:20180609171742p:plain

                                

初めまして!   たー坊と言います。(*^-^*)

 

1975年生まれの43歳です。

自営で電気関係の仕事をしています。

 

自営業と言っても仕事量に波があり本業の電気の仕事がなければ専門外の仕事もするのでフリーターみたいなものですが....(^^;)

 

 自営で仕事を始める以前は会社員として勤めていました。

与えられた仕事に責任をもち、やりがいを感じながら充実したサラリーマン生活を送っていました。

しかし30歳のとき突然出勤することができなくなりました。

気分が落ち込み無気力になり真っ暗な部屋で意味もなく涙を流す日々が続きました。

 

しばらくして、心配した上司が心療内科を受診することを勧めてくれました。

問診などの結果、

医師から[うつ病]ですと言われました。

 

それを聞いたとき、肩の荷が下りたようになぜか安心したのを覚えています。

 

今思えば、あの時やりがいを感じていたはずの仕事でストレスを溜め、それがいつしか自分のキャパシティーをオーバーしていたのでしょう。

 

それから、通院して医師のカウンセリングと投薬治療を続けました。

しかし症状は良くならず、休職することになりました。

心療内科に行く以外は部屋にこもりっきりでした。

何もやる気がおきず抜け殻のようになっていました。

 

その時の生活は、社会保険から傷病手当が給料の6割支給されていましたが

経済的に苦しいうえに家事、育児も手伝えず、我が家は危機的な状況でした。

 

さらに、一年半が過ぎても良くならず傷病手当の支給は打ち切られました。

全く収入が無くなったのです。

まだ子供たちは小さく、家のローンなどもあり、これからの生活を不安を感じ悩んでいました。

 

そしてさらに症状は悪化していきました。

 

そんなとき会社から、退職して退職金を受け取ることを提案されました。

他に選択肢は無く退職しました。

 

僕は自発的に自営業を始めたのではなかったのです。

 

それからも症状が良くなったり悪くなったりを繰り返し、何度か入院もしました。

 

発症から13年。

今でも気分の波があり完治には至っていません。

 

東京出張 vs うつ病

最後の入院ーうつ病との闘いー①

 

[うつ病は風邪みたいなもの。]

と言われていた時期がありましたが、全くの嘘だと僕は思っています。

 

 

 

当時、小学1年生だった長男は高校3年生になり進学が決まりました。

今、自動車教習所に通っていていずれ自動車が必要になってくるでしょう。

教習所に自動車の費用、入学金に授業料、そして、のちには長女と次男の進学費用など今まで以上にお金が必要になってきます。

 

これからの生活を考えて不安をおぼえ悲観することが多くなりました。

 

しかし、僕がうつ病になり生活が苦しく家庭が壊れかけたときも、

我慢強く支えてくれた妻と子供たちのために、

がむしゃらに働き、家族が幸せになるように努力していくつもつもりです。

 

うつ病になったこと、

それが原因でフリーランスになったことが

これからの人生にとってプラスにできるように前向きに生活していきます。

そして、本業以外の新しい仕事にもチャレンジしていこうと考えています。

 

そんなこれからの僕の人生をブログにしていこうと思います。

 

文章を書くことが苦手なので、支離滅裂で誤字脱字が多いブログになるかもしれませんが....(^^;

 

                よろしくお願いします。(^O^)/